hiyori works

lets have a look...
which one you like ?

レザータグケース



レザーのタグケースです。
キッチンでもお使いいただけるように
小さいながらも薄いアクリル板が入れてありますので
少々水がかかっても大丈夫・・・のはず。



カバンに付けたり、
ジャムのビンに付けたり、
ラッピングに使ったりと
使い方は工夫次第。
可愛く使って頂けると嬉しいです。

紐はついておりませんので
革紐、麻紐、刺繍糸など、
お好きなものでつるしてくださいね。

サイズはSMLの3つ。

S:4.0×2.5
M:4.6×3.0 
L:5.0×3.5 

色はベージュのみ。(ブラウンについてはお問い合わせ下さい)
photo by hiyori-jp

モチーフバック



小さな小さな手のひらサイズのカバンです。
ちょうど500円が入るサイズになっています。

いざ!という時の500円を入れておいたり
薬などを入れておいたり。
小さなものを入れて使ってください。

鍵に付けたり、カバンにぶら下げたり。



小さくても、いざ!という時に大きく役に立つはず・・・!?
の可愛いカバンです。

色:ベージュ・ブラウン
形:丸型・角型




photo by hiyori-jp

eco手提げ(店舗限定)



いつもと少し違った柔らかな革を使って手提げを作りました。
この革もいつも通り、国産のベジタブルタンニンなめしの革です。

もともと柔らかな革ですが、使うほどにより馴染み
つやつやになってきます。



正面から見ると一見ベストのようですが、カバンです。
手に取るとこんな風に見えます。
とてもシンプルではありますが、洋服にも合わせやすく
とてもおしゃれに見えるカバンでもあります。


内側にはポケットが一つあります。(片面外側に糸目が出ています)
見かけによらず結構沢山の荷物が入ります。

色は黒とこげ茶の2色です。
お店・展示会限定で販売しているので
見かけた時には是非手にとって見てください。

お問い合わせはメールにてどうぞ。
photo by hiyori-jp

携帯レザートレー(長方形)



携帯用のレザートレーの長方形です。
長方形なのでめがねやペンなどが入れやすいかと思います。

必要なときに組み立ててお使いいただけるので
使わないときにはペタンと平らにして収納してください。



めがね置き、ペン置き
アクセサリートレーなどにご自由にお使い下さい。
旅行の際に枕元の小物をまとめておくのにもオススメです。



サイズ:組み立て時物を置く場所・・約14×6×高さ2.5
    平らの状態・・・・・・・・20.5×12センチ

 
photo by hiyori-jp

レザーショッピングバック



大きな大きなレザーのショッピングバックです。
とても大きめなので葉付大根も余裕で入ります。

使い始めはパンパンとして張りがありますが
使い込んでいくと、とても柔らかくなるので
付属の小さな袋にくるくるっと丸めて入れてしまえます。
(↓使っていくとこのように柔らかい風合いと艶が出てきます)




持ち運びにも便利なので旅行のお供にも
スーパーの買い物にもおしゃれで便利です。



色  :ベージュ・ブラウン
サイズ:約 横60×縦33×マチ10センチ

    35000円(税込み)
photo by hiyori-jp

三つポケ財布




中が三つの蛇腹(じゃばら)状ポケットに分かれている「お財布」です。
レザートートバックと同じレザーで、厚さがもう少し薄いものを
使っております。使うほどに色が変わり、やわらかくなります。

手前二つのポッケを一つのボタンで、
一番奥のポッケをまた別のボタンで留めるようになっています。
ですから三つのポッケが一度に開いて、ジャラジャラ〜・・・と
飛び出すのを防ぐことが出来ます。
大切なものは真ん中のお部屋がいいかもしれません。



  色:ベージュ・ブラウン
サイズ:約9センチ×横約12.5センチ×厚さ約2センチ(中身無しの状態)

photo by hiyori-jp

橙リネン ファーストシューズ



表地には日本製リネン100%の生地を使った
橙(だいだい)色のファーストシューズです。
濃くてちょっと暗めのオレンジ色をしていますので
お洋服の色にも合わせやすいと思います。

ストラップ付とスリッポンタイプがあります。
裏にはスエードレザーを使用し滑りにくくなっています。



サイズ 9センチ
価格  ストラップ付 7500円(税込み) 
    スリッポン  7200円(税込み)

注文を受けてから製作いたします。
1週間から10日ほどお時間を頂きます。
ご了承下さい。
photo by hiyori-jp

レザーブレスレット



ベルト部分をくるくると2重に巻くブレスレットです。

手首が細い人には程よいボリュームが
手首が太い人にはカモフラージュに。

シャツの袖からちらりと見えると可愛いです。

使っていくうちに1センチほど伸びることがあるかと思いますが
これぞ革!とご理解下さい。

全長38センチ
(真ん中の穴まで33センチ
  *もっと短い位置に穴が欲しい場合は事前にご連絡ください)

色:ベージュ・ブラウン

 3500円 (税込み)
photo by hiyori-jp

レザーライターケース



KEYホルダーと理由を同じく作り始めた
レザーライターケース。

手縫いで一つ一つ作っています。
100円ライターが入るサイズです。
しかし、100円ライターも大きさはいろいろあるので
入れ替えるときはご注意くださいね。

日和では(声を大にして)
決してタバコを推奨してはいません!・・が
このケースはいい!使うほどに味が出て色が変わります。
展示会では、ものすごく味が出すぎた色のケースを
手に取る方が多かったほどです。

お部屋でキャンドルを楽しむとき、
アロマポットを使うときなど、
お部屋にライターが置いてあっても素敵に見えるようにと作りました。

ですから種類は2種類。
壁にかかっていても素敵に見える”ヒモ付き”と
持ち運びに便利な”ヒモ無し”です。




ヒモ付き 1300円(税込み)
ヒモ無し 1200円(税込み)

 
photo by hiyori-jp

Leater Tote bag mini



miniサイズのトートバックです。
お財布と携帯とハンカチ入れてお出かけに、
ちょっと近くまでお散歩に、いいサイズです。
レザーは使うほどにあめ色に変わり、
やわらかく変わっていきます。




サイズ(上辺25センチ×下辺14センチ×高さ12.5センチ×マチ10センチ)

¥5800(税込み)
  
photo by hiyori-jp

携帯レザートレー (正方形)



レザーで作ったトレーです。
持ち運びに便利な組み立て式です。

旅先でアクセサリーや時計など
置き場に困ったことはありませんか?
枕元にそのまま置くのがちょっと・・・と
思う方には特にオススメです。

旅先だけでなく、もちろん普段使いにも便利です。
じゃらじゃら置きがちな普段使いの小物置き場所に。
細かい作業をなさる方に。
ちょっとしたプレゼントにも。

<組み立て前>           <裏返し>


サイズ 組み立て前:縦・横  約15.2センチ
     組み立て時:高さ   約2.5センチ
    物を置く部分:縦・横 約9センチ 

    
photo by hiyori-jp

舟形  トートバック



舟形のトートバックです。

上の部分が開きやすいので磁石をつけました。
その部分のハンドステッチが
表面に出て、アクセントになっています。

持ち手は、うで掛け+手さげにちょうどいいサイズ。

とっても女の子らしい形です。


<磁石部分+表面ステッチ>

サイズ(約 上辺45センチ×底辺32センチ
             ×高さ16センチ×マチ12センチ)

¥21000(税込み)
photo by hiyori-jp

Leather Tote Bag - S



hiyori人気商品のトートバックに
一回り小さいサイズが登場です。

持ち手は、うで掛け+手さげにちょうどいいサイズ。
表面はダブルステッチ、
裏には外付けのポケットが一つあります。


<裏面>

いつものトートバックではちょっと大きいかな?
という時に便利です。

サイズ:(約 上辺35センチ×下辺26センチ
             ×高さ22センチ×マチ9センチ )

色:ベージュ(ブラウンは応相談)

¥21000(税込み)


photo by hiyori-jp

手さげ MINI



小さな小さな手さげです。
お財布と携帯と+αの荷物で
ちょっとソコまでのお出かけに便利です。

男性が持っていても可愛いです。
和服にもとってもお似合いです。

カバンの中のインバックに
ちょっとしたプレゼントに。

サイズ (縦:約20センチ×横:約19センチ)
マックの顔より小さいです。


¥3800(税込み) 
photo by hiyori-jp

レザーBIGショルダー


                                <↑約半年使用後>
レザーの大きめショルダーです。
お坊さんの袈裟のよう!といわれたこともあります。

お財布と同じ厚さの、やわらかくて薄めのレザーを使用しています。
味が出てくるにつれてやわらかくなり、身体にフィットしやすくなってきます。
右側の写真のように、随分使い始めと雰囲気が変わってくるので
展示会でもびっくりされる方が多いです。



裏側には大きめのファスナー式のポケットがついています。
内側の大きめポケットにつながっているので、
TOPの大きなファスナーを開けなくても、物を取り出すことが出来ます。
携帯や定期などを出すのに便利です!

<内側> 

ショルダー部分は長さの調節が可能です。まだ、取り外しも可能なので、
ブリーフケースのようにお使い頂くことも出来ます。



掛けるとこんな感じです。


サイズ 上辺ファスナー部分45CM×縦35CM×マチ6.5CM
     ショルダーの長さ 約100CM

    ¥35000(税込み)

革の変色を防ぐため、ご注文を頂いてから製作致しますので
お届けまでに少々お時間を頂きます。あらかじめご了承下さい。
photo by hiyori-jp

Wステッチ Leater Tote Bag

  
使うほどにやわらかく、艶やかなあめ色になるレザーを使用。
本当は元々、自分たちが欲しくて作った鞄です。
傷やしみなどは気にせず、雨の日も毎日ガンガン使って頂きたいと
思っています。


上の鞄は出来立てのもの。下の鞄は1ヶ月ほど使用して
艶が出て、やわらかくなってきているものです。
新品は、あえてトート型に癖付けておりませんので
見た目が四角っぽく、また革も硬いです。

内側、外側に1コづつポケットあり。
サイズ(上辺45×下辺32×高さ26×マチ12)

色は2色  ベージュ<写真上> と ブラウン<写真下>


 
photo by hiyori-jp

レザーポーチ



シンプルなレザーのポーチです。
トートバックなどと同じレザーを使っていますので
少しづつ変わって行く革の風合いを楽しみながらお使い頂けると思います。



形がシンプルなので、好みのサイズに
お好きなものを入れてお使い下さい。
横に引っ掛ける所を付けましたので、
金具を付けて頂いてお使い頂く事も出来ます。

大きさは3つ。
ポーチ(小)10.3×7.8   
ポーチ(中)14.3×10.4     
ポーチ(大)18.0×12.5   
photo by hiyori-jp

ボタン



端切れレザーで作ったボタンです。
服に付いているボタンに比べるとかなり大きめです。
色は、表がベージュ、裏はブラウン。
しかし、その時々のレザーの端切れによって
裏のブラウンのレザーの種類だけは写真のように違うかもしれません。
「端切れ」を大切に使いたいのでご理解下さいね。

ヘアゴムを通して髪飾りに、
ヒモを通してキーポルダーのように、
帽子やカバンに縫い付けて飾りに、
ラッピングのアクセントに・・・・・
工夫次第で楽しく+かわいくお使い頂けます。

サイズは大小二つ。
ボタン(大) 直径3.9センチ
ボタン(小) 直径3.3センチ  
photo by hiyori-jp

カードケース



レザートートバックと同じ革を使って作った「カードケース」。
名刺入れ、定期入れ、などにもお使い頂けます。
見た目は小さな本、もしくは日記帳な感じです。
中を開くとポッケが両側にあり、それぞれ入れられます。
自分の名刺と頂いたもの、など一目で分かるよう
左右のポッケの形が違います。
キレイなあめ色になるように、なでながら使って頂けると嬉しいです。

*サイズ縦11.1センチ×横15.1センチ・・・開いた状態。(この二つ折り)
5200円(税込み)


photo by hiyori-jp

KEYホルダー



鞄や小物などを作っていると、どうしても
ハギレが出たり、傷やしみがあるところ、
端っこのしわがある部分が残ったりします。

しかし私たちはそういうところも大切に使おうと思っています。
正直に言えば、そういうところの方が
革らしい顔を持っているのではないかと思っているくらいです。

そんな部分を大切に使って出来たキーホルダー。
そう、カギ(KEY)のキーホルダー、だからKEYホルダー。
モチーフはかなり大きめです。全長9センチ。
裏はこげ茶色です。

革なので徐々にやわらかくはなりますが、
形が崩れることはないかと思います。
大きめモチーフなのでカバンの中でも見つけやすく、
使うほどにやわらかくなるので、ポケットに入れても痛くないです。
(↓左は新品の色、右が同じものを使い込みすぎた?色です)



サイズ9センチ(モチーフ部分のみ)+金具


photo by hiyori-jp

緑色のリネン靴



深緑の麻布の雰囲気がとてもきれいです。
男に子にも女の子にもきっと似合うと思います。
外側に日本製の麻布を、
内側に日本製のオーガニックコットン生地を使用。
ストラップ取り外し可能です。

サイズ 9センチ
ファーストシューズサイズ
7500円(税込み)
photo by hiyori-jp

レースのベビーシューズ



全体を生成りのレースでくるりと覆った
女の子らしい靴です。
真っ白でやわらかな印象です。

サイズ 9センチ
ファーストシューズサイズ。
7000円(税込み)

SOLD OUT



photo by hiyori-jp

木の葉刺繍の靴



山の中を歩くと、足元に葉っぱがまとわり付いたり
落ち葉がカサカサしたり。
そんな風に山の中を元気に歩いてほしいという想いを込めて
葉っぱを刺繍しました。
男の子にも女の子にも。

サイズ 9センチ
ファーストシューズサイズ
7000円(税込み)

SOLD OUT
photo by hiyori-jp

花柄ベビーシューズ


デッドストックの花柄の生地を使用しています。
パっと明るくなるような色鮮やかな色合いです。
スリッポンタイプ。

サイズ9センチ。
ファーストシューズサイズ。
6800円(税込み)
photo by hiyori-jp

赤色のフエルト靴



赤色がパッとするフエルトの靴です。
外は赤色、内側はベージュです。
秋か冬に履いて頂けると良いかと思います。

サイズ 9センチ
ファーストシューズサイズ
7000円(税込み)

SOLD OUT
photo by hiyori-jp

みどり色のフエルト靴


暖かなフエルトで作りました。
外側はみどり、内側はベージュです。
この靴が履けるくらいの時がちょうど”秋か冬”辺りの
赤ちゃんにおすすめです。

サイズ 9センチ
ファーストシューズサイズ
7000円(税込み)

SOLD OUT
photo by hiyori-jp

2006年の感謝をこめて



いよいよ2007年も目前となりました。
今年2006年は、来年から本格的に動き出せるように
私たちなりに頑張ってきた一年でした。

一つ事を起こす度に考え、調べ、動き、と毎回勉強は尽きず
沢山の人に出会い、助けられて、教えていただいての一年。
みなさん本当にありがとうございました。

まだまだ勉強の日々は続きますし
作りたいものも、やりたいことも、課題も山積みです。
新作、オリジナル、展示会、オープンアトリエ、買い付け・・・・・
キーワードをあげてもきりがない!!!
その分きっと、忙しくも楽しい2007年になりそうな予感です。
ご期待ください。

また、”nest+ ”のHPは2007年1月中にオープン予定です。
来年から日和は、ネストプラスのハンドクラフトラインとして続きます。
特に今までと何も変わりません。作る人もメンバーも目指すところも。
私たちのお仕事の幅が広くなるとお考え頂ければと思います。

では、みなさん

「2006年はありがとうございました!!」
「2007年も宜しくお願い致します!」

 良いお年を!!


*写真は工房の階段。ここの2階に工房があります。階段は3階まで続いています。毎日1段づつ登っています。来年も登ります。hiyoriもnest+も。どうぞ遊びにいらしてくださいね。







photo by hiyori-jp

贅沢な旅行

これから東京へ行ってきます。
夜行バスです。

これのどこが贅沢か・・・、
それはその目的にあります。
今回の目的はイギリスから帰ってくる
大好きなお友達2人に会いに行くのです。
最近の旅行は全てお仕事がらみだったので
(とはいえ、毎回とても楽しんでいますが・・・)
なんとなく個人的理由で行けるのが贅沢な気分なのです。
でも、あくまで気分だけです。

そしてもちろん、いつもと同じように
色々気になるところも回って、勉強して帰ってきますけどね。

それにしても贅沢な気分です。

*私は旅の途中に食べたおいしいヨーグルトのパックや、チーズの入れ物などを持って帰ってきます。これは旅した中で集めたほんの一部。イギリス、デンマーク、アイスランドにデンマーク。


**お知らせ**
本日より出かけます。つきましては、メール等のお返事は全て30日以降に
お返事させていただくことになります。ご了承ください。
photo by hiyori-jp

Finland



フィンランド。日本から一番近いヨーロッパ。
名古屋からもフィンエアーで直行便が出ています。

フィンランドは私にとって少し特別な国。
それは初めての一人旅を決行した場所だから。
そう言うとちょっとカッコいく聞こえるかもしれないけど、本当は全然。

きっかけは、イギリスの田舎町に住んでいたある日、うちに空き巣が入ったのです。
ありとあらゆる引き出しは開けられ、色んなものがなくなりました。
それはそれはショックで張り詰めていた緊張の糸はプツリとなり、体調不良+引きこもり。
学校も休み、怖くて家からも出られない自分が嫌になって
よし、一人でどこかへ行ってみよう・・・と。
なんとなく初めに行くならムーミンの国と憧れていた私は
決心が鈍らないうちにチケットを取ったのです。

ほんとそれだけ。
おかげでその後、一人でふらふら各地を歩き回ることになるとは
全く思っていませんでした。でも、行ってみると楽しいものです。
でも、基本怖がりなので安全第一ですが。(だから夜は出歩きません)

来年も新しい場所に挑戦する予定です。
日和もnest+も盛りだくさんな一年を予定しています。
色々計画中!お楽しみに。


*このミニ本、フィンランドカフェで頂きました。小さくても情報満載、
おかげで当時私が食べたパン、実は食べ方が間違っていたことが判明。
どうりで味が薄かったわけね・・・。いつか日和でもこんなミニ本作ってみたいです。


photo by hiyori-jp

茶色レザーTOTE



先日INFOにちらりと”新しいレザーが届きました”と
お知らせいたしましたが、そのレザーで鞄のサンプルを作りました。
とても、とてもいい雰囲気のものが出来てしまいました。
自賛ですいません。

レザー自体は私たちがTOTEなどで使っている
レザーの色違いのブラウンです。
一般的にレザーというのは、目で見て選んできたもの意外は
結構当たりはずれがあるものです。
それは牛一頭一頭肌のキメも傷跡も違いますし、
色の入り具合も異なるからです。

・・・といっても私たちは「味のあるレザー」が好きです。
日和の鞄や小物は毎日ガンガン使って頂きたいと思っているので
少々の傷や色むらなどの革の個性は、あえて使っています。
だってそれこそレザーだし、またキレイすぎると使いにくいと思うから。
でも、もちろん、そういう部分が目立ち過ぎないように
底やポッケの後ろになるようパターンをとったりします。
ですから、日和の鞄のお尻などにはホクロが付いていたり、
世界にたった一つしかない形の傷跡があったりします。

この鞄は(また?)私たちの身近なところで使ってもらい様子を見ます。
どういう色の変わり方をするのか、商品化するなら
色違いのTOTE?全く違うもの?形同じで内容変える?
などなど、これから考えることも沢山あります。

きっとそのうち、このレザーもお目見えすることでしょう。
・・・・・きっとね。

サンプル鞄の裏側、ポッケつき。
photo by hiyori-jp

梱包問題



毎日のように日和やnest+について2人であれこれ話すのですが
「梱包」については当分の間まだまだ研究が必要なようです。

・・・というのも、皆さんに私たちの商品をお送りする場合
どういった形でお送りするのが一番なのかが決まらないのです。

中の商品が保たれるのはもちろん、
出来ればゴミにもならず再利用出来ると一番良い。
もし、ゴミになるなら捨てやすく
環境にも負担が少ない方法が良いと。

今は、カバンには布袋を梱包材としてお付けして
後に保管用に使って頂けるようにし、
さらに水除けの為のビーニール袋は、
後にゴミ袋としてお使い頂くようお願いする方法をとっています。
しかしながら全然満足はしていません。

今後も手を変え品を変え、試行錯誤して行くことになりそうです。
何か良いアイデアがありましたら是非お待ちしています。


*写真は来年nest+の方から紹介される日を待っている
かわいい鳥さんのケース3つ。イギリスからのお出ましです。

photo by hiyori-jp

師走の買い物


この所バタバタしております。
師走はやはり忙しいのでしょうか?

2007年も目前ということで、来年の手帳を用意しました。
この所数年間、毎年モールスキンの無地の手帳に
日付をスタンプで押したり、手書きしたりして作っていたのですが
先日、ふとお店にある手帳コーナーを見ると
使える情報入りの手帳に釘付け。
世界地図に郵便料金表、単位の計算に路線図。

しかしながら手帳の中身には少しうるさい私。
年間カレンダーが付いてて
マンスリーの書き込み用があって、
ウィークリーにおいては見開き半ページにスケジュール
反対側は1ページには、そのとき何を考えていたのかなどを
残したいタイプ。+取り外せるアドレス帳があればなお・・・。

そんなことを思いつつ見ていると
レフィルタイプ(一冊の手帳の形)のいい物を発見。
もちろん情報+別冊アドレス帳付属。
カバーはレザーで自分で作ればOKだから・・・と
アサ氏と二人して同じものを購入。

人それぞれ書き方も書き留めたいことも違うので
きっと覗き見したら面白いかも。

まずはどこかに「継続は力なり」って書いておこうと思います。

*写真はイギリスでは良く見る形の鞄。普通サイズとミニサイズ。
きっと古いのですがもちろん未だに現役です。こういう長い間使える
鞄を見るとすばらしいなぁと思います。
photo by hiyori-jp

日本語レッスン

この秋から岐阜に来ている外国人の人たちに
日本語を教えるというボランティアに参加しています。

見たところ、いろんな国の人が来ていて、
英会話学校の先生であったり、
職場研修制度や交換留学などで来ている人もいる。
日本語のレベルはもちろん人それぞれで
それぞれボランティアの先生について1時間半勉強している。

日本語を勉強しながら、お互い色々な事について
質問したりもするので毎回本当に面白い。
今は中国の方と一緒に勉強しているので
大きな国・中国について学ぶことが多い。
中国ではみんな餃子を作って食べると思ったら全然そうでもなかったり
地域によって食文化が随分違うらしい・・・なるほど。

先日テレビで、外国人が近くに住んでいても、
あまり仲良くはしないという現状をやっていた。
テロのような怖い海外のニュースを見て印象が良くないらしい。
気持ちも分かるけど、ちょっと寂しい。

私は隣のマンションの外国人に挨拶をしてみたけど
気持ちよく返事してくれて嬉しかったんだけどな。

みんなで仲良く出来るといいのになぁと思う。


*Pandさん(リンク参照)で買った羊の針置き。奥が相方用、手前自分用。
手前のものはキットになっているのですが、あまりの可愛さに製作途中
かなりの興奮気味でした。
photo by hiyori-jp

いいこと貯金

最近「いいこと貯金」なるものを再開。
以前イギリスに住んでいた貧乏学生のときにもしていた貯金。
大きなことでも、どんな小さなことでもOK。
”いいこと”があったら1ポンド(約220円)貯金箱へ。
もちろん強制ではなく、気がついたときにチャリーンと。

貯まったお金はどうするの?
それは・・元気が出ないときに使うのです。
ジャラジャラーっと出して、
時に千円位、時にちょっとだけ握ってお出かけします。

スーパーに行って、いつもは食べれない果物買ったり
マーケットを回ってかわいいものを探したり。
たま〜に、食費に足されたりも・・・ありましたけどね。

そんな大雑把な貯金だけど
時々貯金箱をフリフリして、
ジャラジャラって鳴るとちょっと嬉しいのです。
”いいこといっぱい”ってね。


*これ、環境省から絶滅保護指定されている植物、クローバーの一種。
工房の日当たりのいい場所で育てています。でもこれから冬が心配です。
photo by hiyori-jp

lifeboat

LINKに載せている「ライフボート」について今日はお話します。

みなさん、動物がお好きな方も多いかと思います。
しかし、日本の保健所で毎年、毎月どれだけ多くの命が
処分といわれ殺されているかご存知ですか?
それはそれは目を覆いたくなるほどの数なんです。(特に猫ちゃん・・)

そして、あなたのお近くの保健所や譲渡会などで
救われた命がどれくらいかご存知ですか?
ほんの一握りなんです。

ライフボートはそういう子たちを保護し、
家族を見つけてあげようとするシェルターです。
こちらのHPでは悲しい事実も、現実もかかれています。

しかしだからといってそういう子達を沢山引き取って育てる、など
簡単に言えるものでもありません。
だけど、何も出来ないとも思いません。

だから私たちに出来ることを考えています。
まずは一人でも多くの方にHPを見て頂ける様にお知らせすること。
これまず一歩。
次は、使い古しの毛布とかストーブとかを送ったり
微々たるおこずかいだけど寄付したりしてみようかしらとか。
出来ることから・・・ですから。


*この子は名前はポッツィー。縁あってアサ氏のパパさんのお供に。
山梨の保健所から貰われてきました。車は嫌いだけど、とってもおりこうさん。
雑種、大いに結構。賢いし、丈夫だし、ほんとかわいい。
photo by hiyori-jp

居心地

お友達が工房に遊びに来てくれました。
かなり遠くから自転車こいで、
おいしいシュークリームもって。

なのに私たちは、
友達が着てから片づけをしたり、お湯を沸かしたり・・・で。
そしてお話をしたり、商品を見せたり
お買い上げ頂いたり・・・もろもろ(ありがとう!)

彼女が最後に言った事。
”ここは居心地が良くて・・・・”
この言葉が私にはなんだかとても嬉しくて、嬉しくて。

普段工房は一般公開していないのですが、
いつかは皆さんに来て頂けるようにしてみたいなあと思っています。
そして沢山の人に心地良いと感じてもらえたら
嬉しいなあなんて考えているこのごろです。

でも、私たちは目の前でまずは片づけ始めるかもしれませんがね。


*アイスランドでウィンドーに絵本が並んでいて、あまりのキレイさにびっくりして買って帰ってきた絵本。もちろんアイスランド語で読めません。店員さんいわく自然破壊に関するアドベンチャーだと。
photo by hiyori-jp

パタゴニア

今日家に帰ると、パタゴニアの冬のカタログが届いていた。

パタゴニアは世界的に有名なアウトドアブランド。
環境保護活動やリサイクル活動
スタッフの仕事スタイルなど、
独自の路線がとてもすばらしい。

その、カタログの入っていた茶封筒。
よく見ると、後ろには
「この面を封筒の中に折り曲げてください」と。
んん??なぜ?表を見ると
「定形封書としてご利用ください」と。
そして郵便番号を記入する見慣れた7つの赤いボックス。

なるほど・・・・
大きな封筒の下のほうを切り取って
新たに小さな封筒として使えるようになっていたのです。

すばらしい!!!

私たちも自分たちが出来る事から考えて行こうと改めて思いました。
小さなことからコツコツと・・・です。


*これは日和ではなく、来年からスタート予定の「nest+」で試作中のスニーカー。これすごくかっこいいんです。私たちは「おぉぉ・・・」と、うなりました。詳しいことはまたいつか。お楽しみに。
photo by hiyori-jp

クリエーターズマーケット無事終了



今日、名古屋クリエーターズマーケット、無事終了致しました。

応援してくださった皆さん、
お越しいただいた皆さん、
話しかけてくださった皆さん、
DMをお持ちいただいた皆さん、
お買い上げいただいた皆さん、

本当にありがとうございました。

HPには載せてない商品や、サンプリング中の商品なども並べ、
普段お目にかかれない方々とお会いし、見て頂き、
本当に沢山の意見を伺い、多くの事を勉強してきました。
今後、もっと楽しく活動できるように生かしたいと思います。

今日はご機嫌にゆっくり寝られそうです。
そしてまた明日から、楽しくものづくりが出来そうです。
皆さん、本当にありがとうございました。
今後とも、常に成長過程の”日和”を
そして年明けからは”nest+”も、よろしくお願いします!


photo by hiyori-jp

窓からの眺め

ここ最近はずっとマーケットの準備をしています。
やはり、近づくにつれてバタバタし始めました。
ちなみに今私はマーケットでお配りする予定の
フリーペーパー的小さな冊子を作っています。

今頃?そうなんです・・・
切って、はって、はんこ押して・・・
いたってアナログ法で頑張っています。
相方アサ氏も縫い物に奮闘しております。

こうやって奮闘しているときや作業の途中に一息つく場所。
私はもっぱら窓際です。窓辺にある植物をいじってみたり
ぼけーっと眺めるだけだったり、その時々でやってることは違うけど
まずはそこへ行きます。

だから窓際は私にとっては重要。
日の入り方、風の通り方とか。
ありがたいことに工房は◎。
もう少しお空が広く見えたら言うこと無し・・かな。

*ロンドンに住んでいたときの部屋からの眺め。6階だったから眺めはよかったなぁ。遠くに花火が見えたり。でもここはBrixton。ガイドブックには必ずキケンマークが付いてる場所。私は好きだったんだけどね*
photo by hiyori-jp

mini tote

相変わらず、はかどっているのか、はかどっていないのか、
よくわからないままのペースでマーケットの準備を進めています。

私は、昔から何かに集中しなくてはいけない時に限って
他にいい香りがしそうなアイデアがよぎって、心半分奪われるタイプです。
(テスト前に掃除をしたくなるような感じ)
ですから、それを振り切って集中するのは毎度まいど、大変。

ちなみに今回のアイデアは・・・「LONDON MEALS」。
何のことやら?ですよね、
そのうちちゃんと形にしてお見せできるように頑張ります。

今までは、もっぱら作る作業は一人でこなしていました。
が・・・最近はアサ氏に色々教え込み、徐々に助手になりつつあります。
そのうち抜かれるかもしれません。
男女では観点が違うし、ハマリ度も違い、なかなか面白いです。
しかしながら、私はきっと、かなり厳しい先生だと自分で思います。

そんな中で出来上がったミニトートバック。いや、ミニミニトートかな。
お散歩向きのサイズです。
小さいものが3つ並ぶ姿が可愛いくて好きです。
photo by hiyori-jp

クリエーターズマーケット 11・11

来る!11月11(土)・12日(日)
毎年恒例?、名古屋ポートメッセで
「名古屋クリエーターズマーケット」が開催されます。

この夏は出店しませんでしたが、今回は一日だけ、
11日の土曜日のみですが出店することしました。

毎度出店まではバタバタ、ばたばたとしておりますが、
今回はなぜか落ち着いています。なぜ?
環境の変化でしょうか、なんとかなると思ってるのか?
んんん・・・いや、これからバタバタし始めるでしょう。

今回は赤ちゃん靴に加え、レザーシリーズ、雑貨、布小物とバックなど
HPには載っていないモノの方が多いであろう品揃えで行きます。
(すいません、、もうすぐHPにも載せます)

お時間がある方、ぜひいらしてください。
前売り券をコンビニで買われた方がお安いですよ。
本当に、色んなジャンルの方々が出店して見えるので
お好きな方には、かなり楽しいと思います。
私達は、毎回、周りを見る時間がほとんどなくて・・・うずうず。

去年のように、大雪ということは時期的にはなさそうですが
お越しになる方は、気をつけていらして下さいね。

*只今サンプリング中のカードケースとお財布。
カードケースは商品として今回並びます。お楽しみに*
photo by hiyori-jp

アリシア・ベイ・ローレルさんのイベント

ミュージック・フロム・リヴィング・オン・ジ・アース
ミュージック・フロム・リヴィング・オン・ジ・アース
アリシア・ベイ・ローレル


東京?出張報告第三弾、最後にお話しするのは
彼女のイベントについてお話します。

前にも少し書きましたが、
彼女は「地球の上に生きる」という(→横に見えるはず?)本の著者です。
そのアリシアがこの本を書くに至った経緯を
お話と歌とで聞かせてくれるというイベントが
kurkku(原宿)で行われました。

彼女が話し、ギターで歌う。
アリシアはとてもパワーのあふれる人で、ユーモアがあって
とても可愛い人でした。会場の空気がほわ〜んとしていて
みんながゆったり、時に笑ったり。
便利すぎるこの世の中、これがないと生きていけない、というような
ものがあふれて、地球を粗末にしてきた私たちの生活。
本来、人が生きるというのはもっとシンプルなはず。
みんなが笑って、みんなで作って、みんなで生きる。
それには知らないことや出来てないことが多すぎる・・・
とても有意義で考えさせられる時間でした。

そして、通訳の方がこれまたとてもキレイな妊婦さんで
一番前の席を陣取っていた私は二人を前に興奮状態。
おやつは、かぼちゃあん+赤味噌とゴマのあん(2種類)の玄米もち
とジンジャーティ。これまたおいしかった〜
お土産まで頂いて・・ありがとうございます。

本当においしくて楽しい、素敵な時間でした。
photo by hiyori-jp

工場見学に行ってきました。

先日、念願の栃木レザーさんの工場に行ってきました。

工場は栃木駅のすぐ側で、のどかな場所にありました。
裏には公園もあって、公園好きな私たちにとっては羨ましい環境でした。

お願いして朝早くからお邪魔させて頂き、野生の皮が革になるまでの全ての工程を
目に焼き付けてきました。

作り手の見えるモノ作りを目指す私たちにとっては、材料になる革がどのように
作られているのかを実際の目で見る事はとても大切な事です。

実際見せて頂いて何よりも驚いたのが機械を使う部分よりも職人さんの手仕事が
とても多い事です。
水分を含んだ1枚革は大人2人で運ぶのに精一杯でとても重労働にみえました。
1枚1枚を丁寧にプレスしたりと本当に職人さんの手仕事が詰まっていました。

働いていらっしゃる職人さんもお忙しいにも関わらず、見学者の私たちに挨拶まで頂けて
とても感激でした。ありがとうございます。

本当は工場の中の写真を撮りたいな〜って思っていたのですが、一生懸命働いている
工場の方々を目の前にすると写真を撮る事がなんか失礼かな〜って思ってしまい中の
写真は撮りませんでした。
でも、頭の中にはくっきり、はっきりと残っていますので問題なしです。

栃木レザーさんの一番の特徴であるピット(木槽)鞣しも見ました。
現在、ピットによる鞣しによってレザーを生産しているのは世界中に見ても
もうほとんどないそうです。
通常の大きなドラムによる鞣しより手間ひまがかかり、鞣しの作業だけで
20日間もかかるそうです。
薄暗く、光があまりあたっていないこの場所の1つの窓から入ってきていた
1本の太陽の光線がとても綺麗で何か神聖なものを感じたのは自分だけでしょうか?

本当に貴重な時間でした。

この場を借りて、気持ちよく案内頂いた河合様ありがとうございました。
ならびに工場の皆様にお礼申し上げます。
ありがとうございました。

そして、工場見学のあと工場の側を流れていた少し大きな川を散策しました。

やはり環境に優しい革作りをしている工場の側にある川です。
立派な鯉たちが群れになって泳いでいます。泳いでいます。泳いでいます。
って川を覗き込んでいたら、どこからともなく鯉たちの群れが集まってきました。
その数、ざっと100匹くらい?
それも50センチオーバーの大物たち。
普通の川なのになぜ?

このあり得ない光景に二人喜んでいました。

それにしても本当にビックリ!!
あれは一体何だったんだろう??



photo by asa

三帰天海さんの精進料理のお弁当

東京より岐阜へ戻って参りました。
報告は徐々にさせて頂こうと思います。

今回はこのお弁当。私がどうしても食べたかったものです。

代官山の駅前で、お昼に三帰天海さんというお坊さんが
作って売ってみえる精進料理のお弁当。(20個限定?)
噂には聞いていたのですが、本当に手にいれられるかどうか・・・。
出来る限りの情報を片手に正午前から待つこと30分。
その頃には私の周りにも明らかに待っていると見られるマダムたが・・・。
あ、絶対あの人だ!!

三帰さんがパラソルなどを用意するまでもなく
次々と買い求める人が押しかける。
でも私は3番目。だから大丈夫。ちゃんと手にした念願のお弁当。

竹かごの入れ物に入って、手書きのメニューや言葉が書かれた紙が
お手紙のように付いていました。
一つ一つメニューと照らし合わせながら頂きました。
とてもおいしくて、おいしくて、おいしくて。本当に。

東京に行くときにはまた絶対食べようと心に誓うほどおいしかったです。
連絡しておくと取り置きもしてくれるそう。
いつか精進料理教室にも行こう。うん。
ぜひ!

photo by hiyori-jp

東京へ

東京へ行ってきます。
目的は主に二つ。

一つは、私たちが使っているレザーをなめしている
(なめす・・・原皮に染色する)工場と会社が栃木にあり、
見学させて頂きに行きます。
そこでは、日本で唯一、世界でも今は少なくなっている方法で
手間のかかるなめし方をしてみえるのです。
ですから、日和のレザー鞄はやわらかく、
キレイでつやつやな”あめ色”になっていくのです。

もう一つは、東京でアリシア・ベイ・ローレルさんのイベントに行きます。
彼女は「地球の上に生きる」という本の著者で知られており、
ナチュラルな生活を提唱する女性です。
今回はアリシアのお話と音楽の会です。

学生時代彼女の本を知り、取り寄せて読んだときはびっくりしました。
あんな全部手書きな本は初めてで、
内容も原始的とも言える生活のすべが書いてあり衝撃を受けたものです。

偶然彼女のイベントを知り、何かの縁かも?と思い参加することを決意!
とっても楽しみです。

本当はもう一つ楽しみがあるのですが、
それは成功したらお話します。ヒントはお弁当。


*そろそろ秋支度。あちこちにコスモスが咲いて、ブランケットを用意して。
あとは・・・本かな。でも、ご飯がおいしい季節でもあるのです*

photo by hiyori-jp

ウィンドチャーム

音というのは不思議なもので
場所や時代や環境が違えど、その音を聞くだけで
タイムスリップしたような気がしたり、
その場所にいるかのように思えたり。

今、私の部屋には窓辺に鳥さんがいっぱい連なったウィンドチャームがある。
それはロンドンに住んでいたとき、行きつけの?チャリティーショップで
全く別のものを購入し、帰ろうとしたところで目に付いて
これは!と思い、迷わず連れて帰ったもの。

私はカウンシルといういわゆる市営住宅の6階に住んでいて
緑地地帯を隔てて道路がある所だったので
カーテンもせず、古い窓辺にそれだけかけていた。
風が吹けばいい音が鳴り、風が強すぎると、あらら・・窓を閉めねば、と。
ベッドに寝転んで音を聞き、揺れる鳥をボケーっと眺める生活だった。

その同じ音が今場所を変え、ここにある。
不思議な気分だなあと毎日眺める私。


*これがイギリスからはるばる連れて帰ってきた私の大切な鳥さん。いい音が鳴るんです。でも最近日本で他にもいいものを発見。ビックベンの鐘の音がするやつ。すごく大きかったんだけどね*
photo by hiyori-jp

記念切手

ある日、郵便局におつかいへ。

そうだ、お手紙用の切手もついでに買っておこう!
思いたって、小包のカウンターに行くと、
その机にはシートに入った記念切手がズラリ。

あぁぁ・・・キレイ・・・

最近はコンビニで切手を買ったり出来るので気がつかなかったけれど、
こんなに可愛いくて、きれいなものが沢山あるなんて。
ごめんなさい、忘れていました。

国際文通の記念切手や、季節の花柄、
レトロな映画の柄や、和柄まで。

大切な友達にお手紙を書く時にぜひ!
きっと、もらっても、あげてもうれしいはず。

さあ、お手紙を送ろう!


*私が今回買ったのはこれ。シンガポールの花柄と日本絵画柄がセットになっているもの。キレイでしょ?早速お手紙を書くとします*



photo by hiyori-jp

自画自賛

何かをものを作るときに考えること。
人から頼まれて考えたり、アレンジしたりっていうことはあれども、
やっぱり、基本的には自分がほしいもの。

だからサンプル作り!とか言いながら、
結局は自分の欲しい物を少しづつ作っている今日この頃です。

しかし私たち、一つ作り上げるとなかなか先に進まない。
なぜなら、作り上げるたびに自画自賛してみたり、
あっちへこっちへ持ち運び、光の当たり具合での色を見たり、
さわって、なでて、引っ張って、あーだこーだと本当にうるさい。
だから一日に複数個サンプルが出来上がる事はあまりありません・・・


*最近作ったキーホルダー用のチャーム。これ、真ん中のボタンが1.5センチなので結構大きいです。お母さんに見せたら可愛い!と喜んでくれたので、ウフフ・・と思っていたら、「お母さんにはTで!」とリクエストが。実はイニシャルか何かの”F”と間違えているらしい。ガーン。。。
これ、でっかいカギのつもりで作ったんだけどなぁ・・・



photo by hiyori-jp

レザー到着

今週新しいレザーが届きました。

実は先日、仕入れもとのお店へ足を運び、お店はどんな感じなのか、
お店の人はどんな人なのか、などなど見せてもらってきたのです。
あれやこれやと見せて頂き、気になるレザーのサンプルも頂戴し、
こんなことも出来るとか、こんなのもあるよとか
とても親身に話して下さいました。

同時に自分はまだまだやなあと思わざるを得なかったわけなんですが・・・

私たちはこれからきっと沢山の人に出会って、時に材料を仕入れたり
オーダーをかけたり、コラボしたりすることになるとは思いますが、
自分たちも含めて、出来る限り相手の顔が見えるものづくりをしようと思っています。
あそこの人はこんないい人でね〜とか
あそこはこんなところにあって、こんな場所だったよとか
皆さんにお伝えできるようにしたいのです。
だから、出来る限り皆さんに代わって各地へ飛びまわり
直接お会いしたいと思っています。
(海外にも行っちゃいます・・・いえ、行きたいです。)

では、今回来たレザーについて。
前回と同じく、トートに使っている
あの、ものすごくしなやかでキレイな色と艶が出るものと、
あとは只今商品開発中の、人にも地球にも優しいというレザー。
どんなものが出来るかな?乞うご期待。

*レザーにはこうやって牛さんにつけられた焼印がそのまま残っていることが多々あります。人と同じように、牛さんも一頭として同じ肌状況のものはなく、1枚1枚色の入り方も、傷も全然違うんです。



photo by hiyori-jp

朝晩随分涼しくなってきました。秋ですねえ。

最近私が秋だなあと感じたもの。
栗、秋刀魚、梨にイチジク。
食べ物だけじゃあないですよ。彼岸花とか、夕暮れ時とかね。

でも、今はスーパーに行けば季節を問わず
野菜も果物も、お魚を手に入れられる。
それはとても便利ではあるけれど、季節を気にかけないことや、
旬を知らないことはやっぱり寂しいと思う。
だって、一番栄養が豊富で、何よりおいしい時期だし。

私は密かに作っているものがあります。
その名も”旬カレンダー”。
おいしいものをおいしく頂くために勉強せねばと。

その点京都で手にした旅行者向けのパンフレットはすばらしかった。
月ごとの花の見ごろ、お祭りの場所などがびっしり書かれたものを発見。
さすが京都、季節を大切にしてるなあと。

そんな生活を心がけたいものですね。

*チェコで食べたヨーグルトのふた。おぉぉ、どんぐりのヨーグルトかぁと感心して食べたけど、今になってこれはナッツだったのかも?と首をかしげております*
photo by hiyori-jp

クノさんちのおじいちゃんとおばあちゃん

私は時々おじいちゃん似だねぇといわれ、
でも時々おばあちゃん似だねぇとも言われる。

久野さんちのおじいちゃんは、昔は新聞記者で
ちょっと、いや大いに変わり者。
長良川の花火大会を企画したり、岐阜城のリス村を作ったり
演劇の先生をしたり、もろもろ。
そうそう、木下大サーカスのサルと手つないで柳ヶ瀬をお散歩したり。

そんなおじいちゃんの奥さんのおばあちゃんは
手先が器用で、よく廊下でミシンを踏んでいたり、
細かい刺繍をしたりしてた。本人いわく、
若い頃は大そうな”ハイカラさん”だったそうな。

私がこうやって文章を書くのが好きなのも、
ちょっとおかしい所も、ちくちく作るのが好きなところも
こんなところに私のルーツがあるのかもしれない。

変な感じやけど、おもしろいねぇ、ほんと。

先日、そのおばあちゃんが95歳でおじいちゃんのもとへ。
多分今頃、「あんたも変わらんねえ」とか言いながら
お抹茶たてて、一緒に飲んどるんやないかなあと思う。


*UKのIKEAからもって帰ってきたジョウロ。潔い、ス〜っとした形。驚く無かれ、お値段格安300円くらい。軽くてキレイ、置いてあるだけでもきれいでしょ*


photo by hiyori-jp

ちびっこギャング

おばあちゃんの家へ遊びに行ってきました。
丁度いとこの子供3人、5ヶ月、2歳、3歳が来てて
2日間沢山たくさん遊んできたのです。

小さいと言えどもほんと、ちゃんとした人間で、
怒ったり、威張ってみたり、我慢したり、
泣いて、笑って、ケンカして〜・・・
まあ、元気元気。

一番小さい赤ちゃんを抱っこしてて思ったこと。
肌触りのいい服じゃないと、顔をスリスリしたり、ゴシゴシしたりした時に
赤ちゃんは気持ちよくないだろうな〜とか、
ガブ〜、べろべろ〜って腕をなめたりするけど、日焼け止めとか
簡単に口に入っちゃうなあとか。


きっとこういうことは気にしすぎるのは良くないんだろうけど
色んな視点から物事を見ることは大切だなあと。

・・・と言いつつも、いつでも子守体制万全で居たいので
早速問題解決出来るよう、自分なりに考えて見るつもりです。
そういうの考えるの好きなんです・・・。


*ちびっこギャング2号のうづき2歳。お散歩に行ったら、どろんこのおひげが生えちゃいました。
これからお風呂でキレイになっちゃうんだから*
photo by hiyori-jp

夕方の香り

久しぶりに、夕方、犬の散歩に出かけた。
あっちへふらふら・・・こっちへふらふら・・・
うちの犬の散歩はあくまでも犬主導。
毎日同じコースを歩くなんてことはほとんど無く
お姫様の気の赴くままに。

辺りは夕暮れ、暑くもなく、いい風が吹いていた、
丁度そのとき・・・・どこからとも無く漂ってきた
カレーのにおい。

あっ・・と思ったら、こっちからおいしそうな煮物のにおいが・・・。

小さい頃、近所の幼なじみと一緒に夕方よく遊んだ。
家の前で遊ぶから、遅くまで(子供的時間で)外で遊べたから。
どこからともなくいいにおいが漂ってきて、
”○○〜ご飯よ〜”と呼ばれると、
”は〜い!ばいばーい”と家に帰る。

そんなことを思い出して、夕暮れ時をふらふら、フラフラ・・・


*もうすぐ秋の気配を感じそうな今日この頃。今年の秋冬は、キャンドルナイトを楽しみたいなあ。これはIKEAで買った大きな大きなホルダー。今年は活躍してくれることでしょう。真っ赤なかわいいキャンドル立てて*
photo by hiyori-jp

サンプル

ここ最近、サンプル作りをしています。
私のサンプル作りでは、思いがけない形でいいかも?
と思えることがしばしば、いや、しょっちゅう?あります。

あ、間違えた・・・あれ?でもこっちのほうがかわいいかも。

こんな感じです。

今日もそんなこんながありながら、ベビーシューズの
サンプルが出来上がりました。

偶然のひらめきは、時に素敵な効果を発揮。
私がいい加減なのかなぁ?
いやいや、結構うるさい方だと思います。

*今日出来た麻素材のベビーシューズのサンプル。写真がアップですが・・ここから改良していくわけです。そして、この靴は日本とアイルランドのコラボです(自称)。さて、何のことでしょう?*




photo by hiyori-jp

始まり、はじまり

9月です。

夏休みは終わり、本格的に学校も始まる今日この頃。
仲間の何人かは、心機一転、新しい場所で頑張り始め、
私たちもまた、本格的に準備に励み始めました。

何をするにも自分の気持ち次第だけど
それって本当に難しい。

メリットもリスクも、
甘えも怠けも、自分が一番わかってて、
分かっていながら怠けてみたり、サボってみたり。
そして、その結果も全部自分で背負ってみたり。

そんなことを考えながらも、今からが”頑張り時”って分かってるから
私たちは頑張ります。来年本格的デビューを目指して。

弟ギミに手伝ってもらって新しいHPの作成に日和HPのリニューアル。
レザー仕入先の訪問にオリジナル商品作り。その他もろもろ・・・

なにせ頑張り時ですから。
自分でお尻たたきながら頑張りますよ。


*つい最近我らの工房に新入りとして登場したレンガ材のでっかいテーブル。大きくて、頼れる感じ?ここならガンガンしても大丈夫*
photo by hiyori-jp

手ぬぐい

ここ数年、手ぬぐいを使うようになりました。
手ぬぐい・・・というと、どうやって使ったらいいものか、と
お思いの方も多いかも。

私が手ぬぐいをいいなあと思い始めたのは、二人の友達の影響。

一人はノーザンプトン時代のフラットメイトのお姉さん。
運動系の彼女はよくお風呂上りとか首から手ぬぐいを提げてた。
なんで手ぬぐいなの?ときくと、
手ぬぐいは、汗や水を良く吸うし、早く乾く。
そして何より首から提げててもタオルより重くないって。
だから首から提げながら運動の練習にも便利だったよ・・・と。

もう一人はロンドン時代の仲良し。面白いセンスの持ち主の彼女は
お皿拭きに、敷物に、バスケットの目隠しに・・・と
色んな柄の手ぬぐいを普通に使っていた。

そしていつしか私も真似して使うようになった。
最近は柄もかわいいものが沢山あるし、かといって和風なのも健在。
選ぶのも、使うのも好き。だから仲間にもプレゼント。

日本に昔からあるものは、知れば知るほど多才で、無駄がなくて
本当に素敵。もっと勉強しなければ・・・と思います。

次は風呂敷にも挑戦!


*私は色んなものが好きだけど、かごも大好き。これはしっかりした作りでばっちり使えるいい子です。見つけたときは一目ぼれ。値段にも一目ぼれ*

photo by hiyori-jp

ジュース

梅と蜂蜜の、ウメはちみつ。
梅と氷砂糖の、ウメシロップ。
梅と酢と砂糖の、ウメ酢ドリンク。

最近は毎日、この3種類のウメシリーズを水で割って、
気分と体調に合わせて飲んでいます。
何せ、おいしい!!!

なぜに全てウメなのか、、それはうちに梅の木が3本もあるから。
そう、お母さん仕込みの自家製です。そりゃあうまい!はず。

しかしながらこの季節、マイランキング、堂々TOP、王者の登場。
それは・・・・・”しそジュース”。

これがまたおいしくて、おいしくて、おいしくて。
最近は市販品もあるようですが、きっとうちのが一番!と思っています。
・・・うちのといっても、これはまたお母さんのお母さん、
つまり田舎のおばあちゃんの手作りジュース。もちろん”しそ”から。

今年も待ちに待ったシソジュース。おいしくいただきます。
うちまで来てくれたらご馳走しますよ、
ただし、残ってたらね・・・。


*関牛乳、知ってる?昔ながらのビンの牛乳。ふたも、あのメンコ型。
ビタヨーグルが大好きです。ちょこちょこ見かけます。

photo by hiyori-jp

今と昔

8月に入ってからというもの、毎日毎日真夏日。
冬生まれのせいか?暑いのは苦手。
かといって、クーラーばかりでは体にも環境にも良くないので、
出来る範囲内で涼しく暮らすよう工夫中。

それにしても私たちが小学生だった頃、
こんなにも暑かったかしら?

1,2時間は運動会の練習などもろもろで、運動場に立ちっぱなし
なんてざらだったあの頃。あついな〜とはきっと思っていたけど、
だからといって嫌ではなかった。

最近本屋さんでもエコロジーに関する雑誌を多く目にするようになった。
環境問題を考えるには、本当にさまざまな方向からの見方があって、
代表的なリサイクルや環境破壊だけでもないらしい。

今は便利な世の中だけど、便利過ぎなくてもいいと思う。

今みたいに過度に暑い夏より、普通に暑かった昔の夏のほうが
私はうれしい。日本にいつまでも四季がありますように。


*これはねむの木の花。こんなお花が咲くんです。夜に葉を閉じて寝てる
ようにみえるところからねむの木なんやと。*
photo by hiyori-jp

スローライフ体験。

先日、時間が少し空いたので父が今住んでいる山梨県の
清里高原近くに遊びに行ってきました。

約、半年ぶり?いや、それ以上かもしれませんが
久しぶりにあった父は本当にと〜っても元気でした。
もともと、父は重病を患っていて、今でも調子は良くないはずですが、
田舎の空気に洗われて日に日に体調も良くなってきている様子でした。
しかし、相変わらずの病院嫌いは変わりそうにはありませんが。

そこでの生活は毎日、大体決まった時間に寝て起き、その繰り返しですが
単調な生活であればある程、自分たちが毎日こうして元気に暮らして行ける事の
ありがたさを感じました。

滞在していた間の料理はすべて父が担当してくれました。

家の前の畑で出来た、採れたての野菜たちは本当においしかったです。
キュウリやトマトのほかに、おおきな豆?やトウモロコシ、ナス、しそ、
唐辛子、ジャガイモなどをいただきました。
採れたての野菜たちは本当に味が濃いです。

炭火で焼いた焼きもろこしは最高でした。
あと、お約束のフランクフルトも。(ケトシ、サンクス!!)

なかなかまとまった時間もなく、ふらっと行ける距離でもないので
年に1度か2度行く事ができればいい方ですが、
今度は是非、他の仲間も連れて行きたいなぁ〜
誰か、「スローライフ体験メンバーに入りませんか?」

今回は金沢から呼び出した仲間と2人でミーティングがてら
行ってきましたが、ほとんど仕事の話は忘れていました。
でも、そんな事は気にしない、気にしない。

又、近いうちに行きたいなぁ〜と作戦を練る今日この頃です。
その前にちゃんとお仕事もがんばります!!



*写真は父の所に行くと必ず寄って食べる、清里高原清泉寮のソフトクリームです。
とっても濃厚な味わいが癖になります。その日は父と2人で2本づつ食べました。(笑)

photo by asa

ライブ

お友達の”かゆかわなつき”ちゃんのライブに行った。
彼女は去年からジャズのサックス奏者として
CDを出したり、ライブをしたり、ラジオに呼ばれたり・・・頑張ってます。

ライブ中、私が音楽に聞き入ると同時にず〜っと見てたこと。
それはデュオでいらしてた”おかだじろう”さんというベーシストさんと
なっちゃんが、時折目を閉じて、演奏しながら、気持ちよさそうに
楽しんでいたこと。

そうやって自分の世界に気持ちよく浸れること、没頭できる世界。
最近の自分に足りないものだなあと思った。

昔は、勉強であったり、部活であったり、
好きなことであれ、苦手なことであれ、
ガッと集中することがよくあったような気がする。
大きくなってしまった今、時間に追われ、何かにとらわれ、
そういう世界や時間から少し遠くに来てしまったような気がした。

没頭してて、はっと気づいたときのあの感じを久しぶりに味わってみたい。

*自分はあまり魚には興味はないと思っていたけど、池の鯉を見ているのは
全然飽きなかった・・・。いつか釣りも飽きないようになりたい・・かも*



photo by hiyori-jp

履物屋さん

先日、下駄を新調しようと柳ヶ瀬の末広屋さんへ始めてお邪魔した。
ずっと前から下駄が気になっていた私は、浴衣にも普段履きにも
履ける下駄を探していたのです。

店先で、鼻緒と土台となる板の組み合わせにう〜んと悩んでいると、
ご主人が色んなお話をしてくださいました。
色んな種類があること、それぞれの由来、履き方、履きやすさ、、などなど
とても興味深いお話ばかり。

その中でもとりわけ印象的だったのは
”昔は子供が生まれると、早く元気に歩けるようにと下駄を贈ったんだよ”
というお話。ヨーロッパではベビーシューズを贈って子供の幸せを願い、
日本では下駄で。日本にそんな良き風習があったとは知りませんでした。

ようやく鼻緒と台を選んだ私に、ご主人は、さ〜実演するよ〜!と
目の前で職人技を披露して下さいました。そして下駄は完成。

・・・一緒に訪れていたアサ氏は、私の下駄選びそっちのけで
男性用の数々の”せった”に見とれ、興奮状態。楽しそうでした・・・


*今回作っていただいた私の下駄です。履き心地がとてもよくて
お気に入りです。

photo by hiyori-jp

みどりな友達

毎日元気に楽しく居られれば、もちろんそれに越したことはないけど、
ううーっと苦しくなることもある。

そんなときはどうしますか?
音楽を聴く、おいしいものを食べる、飽きるほど寝る・・・
など人によりけり対処法は数々ありますが
私はどうも緑の中に吸い込まれたくなります。
金華山のふもとで育ったせいかもしれません。

そんなわたしは、いつか理想の木陰、緑地帯(庭?)を作ろうと、
今からお気に入りの植物を工房のベランダにて研究しています。
ここ最近の気候のおかげで、私の友達はぐんぐん成長中。
ベランダがだんだん狭くなってきました。
だけど私はご満悦。

わーい!どんどん大きくなあれ!


*お空の青と、お花の色と、葉っぱの緑。大好きな組み合わせ*
photo by hiyori-jp

韓国へ

この週末、お母さんと初めての韓国へ。初めてのアジアへ。

今まで旅してたヨーロッパとはずいぶん違い、
ハングル語が読めない私には、模様のようにしか見えない。
いつか文字すらわからず、英語も使えないくらいのところへ
行ってみたいと思っていたけど、結構なアドベンチャーだと判明。
だって標識すら読めないんだから。

韓国では英語よりも日本語のほうが通じるのも変な感じ。
いつもは日本語で話しかけてくる人を”怪しい”ととても警戒するのに、
なんだかなぁ・・・・・と。

それにしても3日間、韓国料理を食べた、食べた。
木の実が一杯入っていたり、野菜がたっぷりで、おいしかった〜。
おかげで二人ともお肌の調子がとってもいい!!と大喜び。

韓国の女性は足がすらっと細くて色白の方が多かった。
キムチ効果?


*韓国の地下鉄のホームで。ここで待ちなさいよ、というマークだと思う。
photo by hiyori-jp

すきスキなもの。

休みの日、二人でよく行くパン屋さん、グルマン。

昔は垂井の本店しか知らなくて、琵琶湖へ行くときに
必ず寄るのがお楽しみ。

最近は、県図書近くのグルマンへ。
クリームチーズパンに、チーズ食パン。チーズ・チーズ・チーズ・・・
おっとっと、気がつけば二人してチーズだらけなこともしばしば。
もちろん他のパンもおいしい。ザワークラフトにキッシュにロールケーキ。
私の好きなビン入り牛乳、関牛乳も売っています。
(ビタヨーグルがスキです)

すきスキがいっぱい。
おなかも心も大満足。

*すっきりさわやかミントティー。フレッシュミントも一緒に煮だしてみました。
お砂糖加えてモロッコ風?氷でキーンと冷やしていただきます*
photo by hiyori-jp

スローライフ!!

自分の身近な人間でとてもスローライフな生活を送っている方が
いらっしゃるので、紹介したいと思います。

その方は何を隠そう、自分の父親です。

うちの父親は一昨年、急に「田舎でのんびり暮らしたい」と言い出しました。
家族も冗談だろうと思い、特に聞く耳を持たなかったのですが、
本当に1人で行ってしまいました。

決めてからの決断の早さは家族全員本当にビックリでした。
あまりの唐突さに、さすがにだれもついていけませんでした。
家族みんな、すぐに帰って来るだろうと鷹をくくっていました。

しかし、あれから1年以上経ちますがまだ帰ってくる気配はありません。
母親も今では陰ながら応援してるみたいです。

そんな父親が現在、住んでいるところは、山梨県のとある高原近くの何もない所ですが、
本当に空気も良く、緑一杯で気持ちのいい場所です。
畑を耕し、野菜を作り、旬なものを食す生活はさすがに自分も憧れます。

この時期になると、又遊びに行って来ようかな〜と思う今日この頃です。



*下の写真は去年、仲間と一緒に遊びに行った時、隙間風がひどいという
 ボロボロの土壁にみんなで板を切って貼付けて塗装した時の写真です。
 出来映えに父親はかなり満足気な様子でした。

photo by asa

大笑い

久しぶりに2人の友達と会った。
私たち3人は、いつの頃からか一緒に中学校へ通うようになり、
テストのこと、学校のこと、部活のこと、
色んなことを話しながら、長い道のりを歩いて通った。

不思議なもので、3人ともクラスも部活もばらばら。
学校に着けばそれぞれの友達がいて、それぞれの生活があって、
でも、毎朝3人、横一列に並んで歩いてた。

思い出話に話が咲き、笑う、笑う・・・そして笑う。
場所が変わっても積もる話に終わりは見えず、
しゃべるしゃべる・・・聞く。そして更に笑いは続く。

覚えてたり、覚えてなかったり、
変なエピソードも出てきちゃったり。大笑い!

あっという間の6時間、ほとんど笑い通し。
そして次の日、気分はスッキリ+すがすがしく、実に良好。

笑うって本当に元気になるんだぁと実感。
これ、大切なこと。

二人ともありがとう。


*松本で見つけたマンホール。カラフルで綺麗。ほとんどがこの色だった
けど、一度だけ赤ベースのカラーも見かけました。マンホールって地域性が
出てて面白いと思う*

photo by hiyori-jp

お絵かき

実はお絵かきが苦手です。
でも、はじめから苦手だったわけではなく、
むしろ昔は好きなほうでした。

小学校のあるとき、絵を描くと評価される
ということを意識し始めたその頃から
悲しいことに、評価を意識しながら描くようになり
全然楽しくなくなってしまった。

でもここ最近、また描くのが楽しいと思えるように
なりたいなぁと思うようになりました。
旅日記を描いたり、スケッチを描いたり、色々・・・

スケッチブックに水彩色鉛筆も用意済み。
後は始めるのみ。

*ロンドン、ブリックレーンの有名な24時間OPENのベーグル屋さん。
チーズケーキも安くておいしい。マーケットの時間を避けて行くのが良し。
photo by hiyori-jp

1年越し

去年の春から、私たちの工房には
さまざまな植物が、増えたり、たまには減ったりしながら
すくすくと育っています。

日当たりと風通しは抜群なのでとても気持ちよさそう。

昨年、10センチの背丈でやってきたオリーブは
細めではあるけれど、すでに私を越すまでになり、

二つおりこうに並んで春の玄関を彩っていたマーガレットは
今年は一つで4つ分のお花を咲かせている。

この春の新入りはウンベラータ。アサ氏のお気に入り。
ずいぶん大きくなるらしいこの子、今後の成長が見ものです!

*このカップたちはイギリスで見つけてきたものの一部です。
そのうち?ちゃーんとお見せする日まで大事、大事。
photo by hiyori-jp

TOP 変わりました!

TOPページが変わりました。
ご覧頂けましたでしょうか??素敵でしょ?

只今HPを、ものすごくスローペースではありますが改装中です。
このイラストは、イギリスでグラフィックデザイナーとして、
奥さんとしてがんばっているお友達が提供してくれたものです。

いくつか見せてもらったけれど、見事に全てがそれぞれ素敵で
印象に残るものばかり。才能ってすばらしいなあと、つくづく。

今後はもう少しスピードアップしてここの改装が進めばいいなあと
思っています。ご期待あれ!

*これはIKEAのfish&chips。最近IKEAが千葉のほうでついにオープン。
きっと中部地方にも遠くないうちに来てくれることを祈っています。
いつもお世話になっていた大好きなお店だから。
photo by hiyori-jp

使いきり生活、始めます。

小さいころから、やたらものを集めるのが好きな私。

ある日ぬいぐるみを数えたら72個あり(しかも全て名前つき)、
気がつけばペンもメモ帳も使い切っていないものは山のようにあり、
ビーズ好きのころは、沢山の種類を集めて並べて見るのも大好き。

自分の中では、それは無駄遣いでもなく、全て大切な宝物。
だから粗末に扱うこともない。

そして、基本的に根っからの”もったいない病”。

お気に入りのお菓子はちびちびとゆっくりゆっくり食べるし、
学校のゴミ箱に捨ててあったスクラップレザー(切れ端)は
そのとき使う当てはなくとも、とりあえずは拾って持ち帰る。

そんな私の周りには必然的にものが多くなる。

最近ようやく、ものを買うときはよく、よーく考えるようになりました。
今あるもので代用できないか、使いかけのものはないかなどなど。

スリムな生活にあこがれています。

*よーく見ると、ムーミンのミーが沢山!いつかなんて書いてあるか
解読したい!ミーのおだんごヘアがすきです*
photo by hiyori-jp

3つのお直し

3つのジーンズを”お直し”しました。

1つはロールアップが流行ってた大学生の頃に買い、初めての海外も一緒に行き、
靴の学校でも一緒になってレザーにまみれ、帰国した途端に飼い猫に食いつかれ穴ぼこに。
もちろん濃紺だった色は既に水色。最近の流行でブロークンになっている
訳ではなく、本当にブロークン。修理を重ねて、重ねてはいているコ。

2つ目はまだはき込むことなく、いつの日かベルトループから下がごっそり
取れてしまい、ずっと箪笥にしまいこんでいたコ。

3つ目はここ3年くらい形が好きで着ていたら、ついに色んなところがほつれてきて
着るのが億劫になってしまったコ。

穴ぼこを繕い、レザーでベルトループを縫いつけ、あて布をして、、と
本当にちょっとの努力でまた着られるようになった。
また楽しく着られるようになると、なんでもっと早く・・・と思う。

ちょっと前までは、持っているものには全て手をかけ、直して使うことが
当たり前だったのに・・・。もっと気をつけてみよう!と思うこのごろです。


*イギリスの田舎町で見つけた子供向けの歌のレコード。
なんだかかわいらしかったのでつれて帰ってきました。歌は、、ん??だけど
それはそれで。
photo by hiyori-jp

わたしはここよ!

今日、車で市内をくるくる回っていると、色んなところで桜の木を見かけた。

ちょうど見ごろとあって、ピンクの花がたわわに咲いていたり、
8分咲きだったりさまざまだけど、一目で桜!とわかる。
通り過ぎに街角を見ても、山の瀬を見ても、学校をみても。
あそこの木は桜だったんだ、山のあの辺りも桜だったんだ・・・と。

でも、1ヶ月もしたら葉っぱがむくむくと育ち、みどり一色になる。
ぱっと見かけるだけでは桜とはわからなくなるのかも・・・

そう思ったら花を咲かせてる木が、わたしはココよ!とばかりに
声高に主張しているように思えた。

見つけるのがもっと楽しくなった。


*これはデンマークのヨーグルトのパッケージ。飲むヨーグルトじゃないの、
あの普通のどろっとしたヨーグルト。なのにこのパック。消費量が違うと
こうなるのかしら?最後は下のほうを切って、スプーンですくって最後まで
食べます、もちろん*

photo by hiyori-jp

春の花・・・といえば桜。
もうすぐ満開になりそうだとか。
桜が咲いている公園は、にぎわい始めることでしょう。

私にとって桜と言えば、おばあちゃんちの近くに咲く
ひいおじいちゃんが植えたと聞いている桜と
小学校の校庭の桜。

私が通った小学校は、ぐるっと一周桜の木に囲まれているところ。
春になると学校は見事なピンク一色に。
それはそれは美しく、すばらしい景色です。

今年は久しぶりに見に行こうかな。
あ、桜湯も飲まなきゃ。

*これはロンドンのコロンビアフラワーマーケットというお花のマーケット。
切花も、鉢植えも沢山あって大好き。庭はない生活だったので小さい鉢植えを
いくつか買っては帰っていました。ちなみに2時くらいを過ぎると叩き売り状態。
ラベンダー12ポット1000円なんてものを見たこともあったなぁ*
photo by hiyori-jp

レザーの香り

先日工房にレザーのロールが届きました。
さまざまなサンプルを取り寄せ(buddy大活躍)
なでなで、くんくん。更には押して、まげて、、、と。
やっと選んだその子が届いたのです。

以前、イギリスの靴の学校時代、教室の棚には沢山レザーが積んであり、
その香りの中で毎日授業に作業。
時々、先生が(隠し?)持っている質の良いレザーを見せてもらったり、
使わせてもらったりするときは、もちろん初めに、
なでなで、くんくん・・・・でご挨拶。
癖なんでしょうか?治らないようです。

今工房に入るとそんな懐かしい香りがします。
香りを感じると、思い出がリンクするって本当のようです。

*スペインで見つけた再生紙を使ったエコバージョンの郵便局もの。
デザインもかわいい+素朴で、大好きな緑色。そしてエコ。
英語の通じない郵便局員さんに一生懸命あれがほしい!伝えて買えた勝利品!*
photo by hiyori-jp

自転車

ぽかぽか暖かい春の陽気がやってきました。
普段、車ばかり使っている私ですが、この時期ばかりは毎年
自転車に乗りたくなります。

私の愛車は確か、、中3の夏に買ってもらったはず。
そう考えると随分物持ちですが、何度も調子が悪くなりながらも
お父さんに整備をされ、色さえも塗りなおしてもらったりで、、
今なお現役です。

そんなあの子をこの春またイメージチェンジの予定。(お父さんヨロシク!)
かわいいかごを付け直し、色を変えて、、、颯爽と乗り回そうと計画中。

確かに車よりは行動範囲は狭くなるし、強い春風にも負けそうになるかも。
でも、人力でエコロジーだし、なにせ気持ちがいい。

自転車で春を満喫いかがですか?

*自転車大国デンマークで道端に止めてあったコ。なんてステキな形。
荷車?自転車?もちろん町でも普通に走っています。かわいいので、パチリ!*

photo by hiyori-jp

本を買うということ

私は本屋さんも図書館も大好きです。
本をじっくり読みいる時間が持てると、とても有意義な気分になります。

ある時、有名な靴デザイナーのドローイングの本を買おうか迷っていると、
”ある時期までは、自分の勉強になる本だと思ったら買うことにしてたよ、
今は一つ一つ吟味して買うようになったけどね”
と、友達はふと私にそう話してくれた。

それがなぜかとても印象的で、私もそうなりたい!と思った。
未だに色んな事情?でそうなりきれていない私だけど
手に入れたい本や雑誌を見つけるたびに思い出す。
(本を買いたいが為の、自分への言い訳?かもしれないけれど・・・)

本や雑誌から得られる栄養は無限大、本当にすばらしいものだと思う。

*デンマークでお散歩途中、川岸の道端で発見。花びらに見える
白いものは、良く見るとハート型でした。そんな茶目っ気におもわず
目が奪われてしまいました。

photo by hiyori-jp

eco 生活 初めの一歩

このところ、いや、ずっと・・・
そう、あれは小学生のとき、初めて小学生用の環境問題についての本を
手にしてからというものずっと、エコロジーに興味を持ち続けています。

最近ではバイオマス、ロハス、省エネなど、いろんなキーワードを
耳にするようになりました。そして、さまざまな本で、エコ生活について
取り上げられています。

ドイツやデンマークでは環境問題をとても重要視していて、それでいて
人々はエコ生活を当たり前のように楽しんでしている、、、、、らしい。
現に、私のデンマーク人のカップルは、1週間ほど一緒に過ごしたけれど
その暮らしぶりは派手ではないけど豊かで、無駄がなく、ごく自然に
いわゆるエコ生活をしていて・・・・・ステキ。

そんなこんなを考えると、いつも何かしなきゃ、あれもしなきゃと焦る私。
でも、なかなか上手くは行かないし出来ない現実。

だから、出来ることから少しずつ始めることにします。
まずはマイバックを持ち歩いて、”買い物袋は要りません”が言えるように
なろうと思います。

*ロンドンにいた頃、スーパーに行くときはちゃんとこのテスコの10P
(約20円)バックを持って出かけていました。このバック、結構丈夫で、
公園でごろりとするときに下にひいたりも。何度も使ってぼろぼろになっても大丈夫。
無料で新しいものと交換してくれるの!なんて粋な!!

photo by hiyori-jp

うちのコトちゃん

ついにうちの工房にミシンがきました。
私にはこの子がどれくらい珍しいのか、貴重?なのか、
正直あんまり良くわかりません。(buddyの方はよく知ってるようですが。)
鉄のかたまりのように固くて、かわいらしいフォルム、
そしてきれいな黒色。私たちは一目見て気に入りました。
加えて機能的にも問題なしとの社長さんのお口添え。

そんな経緯(いきさつ)でうちに来たこの子は
コトコト、、、、とすばらしく愛らしい音を立てて縫ってくれます。
あまりのかわいさに驚き、コトちゃんと名付けました。

これからこの子と一緒にたくさん素敵なモノを作って行く事でしょう。
毎日buddyに磨かれながら。。。
photo by hiyori-jp

ビルケンの靴から

家族みんなでお母さんの誕生日に”ビルケンの靴”をプレゼントしました。

ビルケン、、ビルケンストック。ドイツ生まれのコンフォートシューズの
代名詞的なメーカーです。独特のソールの形で、足の指に動く余裕を持たせて
フィット。決してエレガントなイタリア靴のようではないけど、
ころんとしたかわいい形が私は好きです。

靴を作るということをしている私には色々と勉強になり、
くるくる回しては見て、説明が書かれているミニ冊子を読み、研究中。

足は奥深い。足にも手にも、身体全てのツボがある。
知りたいことは山のよう。勉強がすきって思ったことはあんまりないけれど、
気になること、知らないことがわかるのはやっぱり面白い。
ということは、勉強は楽しいってことかな。

*これは私が使っている赤ちゃん靴のラスト(木型)。手のひらサイズで
とってもかわいいんです。イギリス、スプリングラインのものです*
photo by hiyori-jp

無事帰国。

無事に帰国いたしました。

今回はロンドンとノーザンプトンを巡りました。
友達にも恩師にも会えて、久しぶりの味を堪能できて、
そしてかわいいものにもめぐり会えて、休む暇がないほど
忙しかったけど楽しかった〜。
思い残すことは、食べたかったものの食べ忘れと、
食料品の買い忘れ。そう、食べ物のことばかり。
それもよし、つぎつぎ・・・

帰りは随分重い思いをしながら二人で一生懸命運んできた品は
近いうちにこちらでお見せします。自分たちが全部欲しい!!と
思えるものばかりを選んできましたので、見せびらかすだけになったら
ごめんなさい。(そんなことはありませんが・・)

旅が終わると気持ち的に頭的に色々物思うものです。
一人反省?みたいな感じでしょうか。持ち物のこと、感じたこと、
次の行き先などなど。

でもやっぱり旅は勉強にも、リフレッシュにもいいものです。

*これは木製お菓子クリップ。あんまり”ぴっちり”上手に止まらないところも
工夫したらとめられるところもかわいい*
photo by hiyori-jp

2006年

最近ずーっと気になっていることがあります。
クリエーターズマーケット前後からずっと・・・ずっと人に会うんです。

随分ご無沙汰してた子に突然会ったり、
友達が久しぶりに訪ねてきてくれたり、
これから靴を勉強しようとしてる子に会ったり、
イギリスでバイトしてたときの仲間に会ったり、
これは毎年恒例だけど、お正月に親戚一同に会ったり。

”そのうち私の赤ちゃんにも靴作ってね”と
言ってくださって握手した知り合いの方から、明くる日
赤ちゃんが出来ましたって吉報が入ったり。

ずっとこんな嬉しいことがちょこちょこ続いています。
なんとなく不思議。こういう巡り会わせや人を
大切にしなさいって言われてるような気がします。

*これはバレンシアオレンジならぬバルセロナオレンジ。
そう、バルセロナでたわわに実ったこの木と出会いました。
2006年の今年は、いつかこの木のように大きな実を沢山つけられるようまずは土作りから・・です。 

photo by hiyori-jp

先生をも走る、、師走

今年も最後の一日となりました。マーケットが終わってからというもの
さすがの12月、あっという間に時はすぎ、とうとう大晦日。

ここ何日か、自分なりの反省をして、来年の目標を立てようと
もんもんと考えてみました。みなさんはいかがでしたか?

私はすっかり日本に慣れました、良くも悪くも。
でも、その中で自分なりのチャレンジも出来たし、今後の目標も見えた。
だから良し・・・と。全てを先につなげるのみ。だからALL、OK。

何はともあれ、今年も皆さんに大変お世話になりました。
いつも応援してくださってる皆様、家族、友達、、、ありがとうございます。
来年も、一歩一歩、ゆっくりだとは思いますが見守ってくださいね。

*これはスウェーデンの伝統工芸品になってるかわいいお馬さん。小さいものが
よくお店に売ってた。これは特大サイズ。子供が乗れるほど大きい。
もちろん、この娘のあとに私は乗ったけどね。ごきげん!*

photo by hiyori-jp

blogが新しくなりました。

ホームページのリニューアルに伴いblogも新しくなりました!!
今までご覧頂いたみなさん、この場を借りてお礼申し上げます。
これから新しくなって,もっと内容充実なblogにしていきますので期待してて下さい!!
photo by asa

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links

このページの先頭へ